難波元町 ビヨウシツ アンフェ.

縮毛矯正③パーマはあてられる??

今回のテーマはストレートをした後、パーマを当てることが出来るのか?
答えは。。。
*An hue.のストレートはパーマがあてられる!!
*クリープパーマはやっぱりいい!!
そもそもストレートは、髪の結合を切断し、まっすぐな状態で結合を繋ぎ直すことでクセをのばしストレートにするんですが、
最初の髪の結合を切る工程で完全に切断してしまい、熱処理を行ってしまうと、
のちのちキレイにパーマを当てることが出来にくくなってしまうんです(>_<)
そこでAn hue.ではその一歩手前で止めることで、ストレートの後でもパーマを当てることが出来るのです(๑・‿・๑)ノ
(クリープパーマで対応させていただいてます♪)
またそうすることで、髪の毛への負担も軽減できダメージも減らすことが出来るんですよ(๑ᴖ◡ᴖ๑)!!
しかし、このストレートのやり方はすべての方に出来るわけではありません。。。
癖の強さによっては、髪の結合を切る工程を一歩手前で止めるというAn hue.のやり方では癖が残りすぎてしまうので、
そんな方にはAn hue.でも、しっかり結合を切り、癖を残さないようにストレートをあてます。
そうなると、その後のパーマは難しくなります。
また、癖がそんなに強くない方でも、一歩手前で止めるということは、思っていたより、少し癖が残りすぎてしまうことも…(>_<)
その辺もご理解していただいた上、施術させていただいています(^_^)
こんな風にその方の癖や髪の状態、今までの履歴によってそれぞれのメリット・デメリットがありますので、まずは一度ご相談くださいね♬
そして、クリープするのとしないのとでの比較ですが、左右に分けて全てのパターンで比べましたが、
どのパターンでもクリープする方が確実に弾力のあるキレイなカールになりました☆
キレイにあたるのに髪への負担は軽減できる!!
クリープのよさを改めて実感しました(๑ᴖ◡ᴖ๑)♬
パーマをする前の髪の状態によっては…
o0480072012834155717
こんなにも差が出るんですよー( °o° )!!
ちなみにこのふたつはAn hue.のストレートの後にクリープパーマ(左)と、ストレートとブリーチをした後にパーマ(右)の比較です!!
この結果から。。。
やっぱり!!!
癖っ毛でストレートにしないと大変だから、ストレートスタイルに飽きてしまってもパーマを諦めていたの!
とゆう方にもAn hue.のストレートはオススメです♬
まずは一度ご相談ください(๑ᴖ◡ᴖ๑)